こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

今日は以前にトラックのタイヤ交換でご利用いただいた法人様よりお問い合わせを頂き、リーチフォークリフトの出張タイヤ交換に行ってきました。

リーチフォークリフトは立ったまま乗る電動のフォークリです。

今回はリア側のドライブタイヤとキャスタータイヤの合計3個のタイヤを交換してきました。

リーチフォークリフトのタイヤ交換

リーチフォークリフトのタイヤ交換

リーチフォークリフトのタイヤは左リアの大きい車輪が「ドライブタイヤ」と呼ばれるタイヤで駆動輪のため摩耗が激しいようです。

タイヤ交換のときは消耗したタイヤは簡単に取り外しが出来るのですが、新品のタイヤを入れるときはタイヤの厚みがあるため車体全体を高く持ち上げてあげないとタイヤの取付が出来ません。

リーチフォークリフトのドライブタイヤ

リーチフォークリフトのドライブタイヤ

上の写真は摩耗してしまったドライブタイヤです。

タイヤの残りは1センチ未満のようです。

写真のタイヤはトヨタの純正タイヤらしいのですが、純正タイヤはドライブタイヤ1本で15万円位するそうです(汗)

今回当店で交換するタイヤは中国製ですが、トヨタのリーチフォークリフトの適合品で価格は1/5くらいです。

ドライブタイヤの交換後はキャスタータイヤの交換です。

キャスタータイヤは2個で1セットのタイヤです。

キャスタータイヤの交換

キャスタータイヤの交換

キャスタータイヤは運転中は転がっているだけのタイヤですが、車重が重いので駆動していなくても摩耗は早いようです。

で、こちらが交換後のキャスタータイヤです。

キャスタータイヤの交換

キャスタータイヤの交換

キャスタータイヤの交換はタイヤと共にベアリングとシールも一緒に交換となります。

これを取り付けてタイヤ交換はおしまいなのですが、高くあげた車体からジャッキを取り外すのもちょっとコツがいりそうです・・・

リーチフォークリフトタイヤ交換

リーチフォークリフトタイヤ交換

リーチフォークリフトのタイヤ交換時はジャッキも普通のジャッキの他に爪付きのジャッキがないと車体を持ち上げるのが困難なようです。

今回は爪付きジャッキと通常のジャッキで交換できました。

当店では出張でフォークリフトのタイヤ交換の他、タイヤのパンク修理も行っております。

現場で釘などの異物が刺さってしまったパンクはその場で修理して、すぐに使用可能な状態に出来ます。

また、事前にご相談いただければ通常のフォークリフォトのタイヤやチューブも仕入れと出張交換も出来ますのでフォークリフォトのパンクやタイヤの摩耗で困ったときは一度ご相談ください。

【運営会社】

AT-1群馬自販ロードサービス
(AT-1群馬自動車販売)

〒375-0016
群馬県藤岡市上栗須43-7

【前橋工場】

群馬県前橋市小神明町565
代表者:近藤功(こんどういさお)

【当店HP】
https://tirechange.xyz/

群馬・埼玉・軽井沢

24時間フリーダイヤル
0120-789-810

お急ぎの時は近藤携帯へどうぞ!
090-9153-4198
お客様担当の近藤です

お客様担当の近藤です

当店ロードサービスリンク


当店はタイヤのロードサービスのほか、自動車のキーとじ込み開錠、バッテリー上がり救援、スクーターのパンク修理などのロードサービスも運営しております。

【AT-1群馬自動車販売・ロードサービス】
https://www.kagiake.info/

【自動車キーとじ込み開錠】
http://keytojikomi.link/

【バッテリー上が救援】
http://batteryhelp.xyz/
【スクーターのロードサービス】
http://sos-50cc.xyz/