こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

今日は埼玉県深谷市のお客様よりご依頼を頂きフォークリフトの出張パンク修理に行って来ました。

今回ご依頼のフォークリフトはコマツの小型フォークリフトで1.5トンサイズでした。

フォークリフトの出張パンク修理

現場へ到着してタイヤを見てみるとペチャンコにつぶれていたので、まずはジャッキで車体を上げてタイヤを取り外します。

フォークリフトのタイヤは22ミリのナットで固定されているので、インパクトレンチを使ってタイヤを車体から取り外し、チューブの取り出しを行います。

今回は外の作業のため、タイヤを取り外した後はサービスカーのトラックの荷台で修理を行いました。

フォークリフトの出張パンク修理

フォークリフトのホイールは一般的なホイールと違い、タイヤの両側から合わせる分割式のホイールが採用されています。

この構造はチューブのないノーパンタイヤを取り付ける時も簡単に取り付けが出来ます。

今回のパンクはチューブに小さい穴が開いていたため修理用のパッチで穴をふさぎました。

フォークリフトの出張パンク修理

チューブの修理は基本的に自転車のチューブ修理と一緒でゴムのりを塗って乾かした後から修理用のパッチを張り付けます。

当店で使用するパッチは大型トラックのダンプなどでも使用可能な非常に強度の高いパッチを使用しています。
サイズも各種サイズあり、小さい径のチューブには比較的小さいパッチで10~12インチ以上の場合は大型のパッチを使用してパンクした穴をふさぎます。

修理剤の厚みは十分にあり自転車で使うようなペラペラのものではないので荷重のかかるフォークリフトのチューブでもしっかり対応しております。

フォークリフトの出張パンク修理

タイヤの取り外しから取り付けまで約30分~1時間程度かかりますがタイヤに刺さっている異物も極力除去しながら作業いたしますので、修理完了後は安心してお使いいただけると思います。

群馬と埼玉では出張でフォークリフトのパンク修理を行う業者さんは非常に少ないので、困った時は是非ご相談ください。