こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

当店では出張で車のタイヤパンク修理やスペアタイヤ交換を行うほか、スペアタイヤがない場合にも当店在庫のスペアタイヤをお客様のご指定場所でパンクしてしまったタイヤと交換しております。
軽自動車から国産セダン、ミニバンのスペアタイヤの在庫がございます。

群馬と埼玉と軽井沢周辺でタイヤパンクで困った時は是非お問合せ下さい。

さて、今回は伊勢崎市のお客様よりお問合せを頂きトヨタBBの出張スペアタイヤ交換に行ってきました。

初代モデルのトヨタBBだったので、本来であればスペアタイヤが搭載しているモデルなのですが、今回は以前にスペアタイヤを使っているときにパンクさせてしまい、そのまま積んでおいたためスペアタイヤが使えずに当店へご相談頂きました。

出張スペアタイヤ交換

トヨタBBのパンク

今回のお客様はタイヤが4本とも摩耗していたため、今回のパンクを機にタイヤ交換に行くとおっしゃっていました。

車のタイヤは釘とか異物が刺さっていなくても、タイヤの摩耗でもパンクしてしまいます。

通常タイヤの溝の中には「スリップライン」と呼ばれるタイヤ摩耗の目安になる横向きのラインがあるのですが、通常のタイヤ走行面とツライチ状態になったらタイヤの交換時期なので早めの交換が必要です。

タイヤの摩耗はパンクして走れなくなるだけならともかく、急ブレーキの際の制動距離が伸びたりカーブでスリップしてしまったりします。

特に雨の日などは顕著に性の低下の症状が出てしまいますのでタイヤの摩耗に気がついたら早めのタイヤ交換がおすすめです。