こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

先日、高崎市新町のお客様よりお問合せを頂き日産セレナのパンク救援に行ってきました。

ご依頼のセレナは完全に空気が抜けている状態ではなかったので、釘を踏んだパンクと思いながらタイヤを見てみたけれど何処にも異物の刺さった形跡がありませんでした。

なので、次はエアーバルブを見てみると見事に亀裂が見つかり、そこからエアーが漏れていました。

エアーバルブの損傷

上の写真はセレナのタイヤではなく当店の保管していたタイヤです。

年数が経ってくるとエアーバルブの付け根からエアー漏れが出てきたりしますので、タイヤ交換時は使用可能な状態でもエアーバルブも一緒に交換するのが良いと思います。

タイヤがパンクをしていないのにパンク状態になってしまうので、時々点検も必要ですね。

当店では群馬と埼玉と軽井沢周辺を対応エリアとしてタイヤの出張パンク修理を行っております。

突然のパンクで困ってしまった時はお時間を気にせずいつでもお電話下さい。