こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

昨日というか日付が変わって深夜の時間帯に伊勢崎市のお客様よりご依頼を頂き、スズキスイフトの出張タイヤ交換に行って来ました。

信号で停止していて、発進したところでタイヤに違和感を感じて近くにコンビニの駐車場に行ってタイヤを確認したらパンクしていたそうです。

現場へ到着してタイヤの確認をしてみると、タイヤの内側が摩耗してしまい穴が開いていました。

スイフトの出張パンク修理

今回はスペアタイヤの搭載があったため、パンク修理ではなくスペアタイヤの交換となりました。

摩耗によるタイヤのパンク

タイヤの下側が摩耗してタイヤの中のワイヤーが出ています。

さらに、摩耗の進んだゴムの薄くなったところに穴が開いてエアーが漏れてしまいました。

今回はスペアタイヤに交換をしたのですが、肝心のスペアタイヤの空気圧が1キロ未満まで低下してしまい、そのままでは使用はできないので当店のサービスカーに搭載のエアーコンプレッサーからエアーを充填して既定の4.2キロまで空気圧を上げてから装着です。

スペアタイヤの空気圧調整

普段、スペアタイヤの状態とかあまり確認していないのですが、やはり万が一に備えて年に一度くらいはスペアタイヤの空気圧も見てあげると安心ですね。