こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

昨日は夜の時間帯に前橋市のお客様よりご依頼を頂きトヨタマークXの出張スペアタイヤ交換に行って来ました。

ご依頼のマークXは右のリアタイヤに大きなビスが刺さっていて、パンクしたままの状態でしばらく走ってしまったらしくタイヤ側面のサイドウォールが大きく削れてしまい修理が出来ない状態になっていました。

ビスが刺さってすぐに気が付けば修理でも十分直る範囲でしたが、サイドウォールが削れてしまうと側面の強度が著しく低下してしまい、走行中にサイドウォールが破裂する恐れもあるため修理ではなくスペアタイヤの交換にて作業を行わせて頂きました。

トヨタマークXのスペアタイヤ交換

今回はセダンタイプの車両のためスペアタイヤの搭載がありました。

比較的高年式の乗用車ではスペアタイヤの搭載がない車種が多いので、ちょっとしたパンクでも自走が出来なくなってしまうケースが多いです。

新車を買うときに標準ではスペアタイヤがない状態で、簡易修理剤が標準装備されています。

スペアタイヤはオプションで「買う」ことになるのですが、それでもやっぱりスペアタイヤはあったほうがいいですね。