こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

昨日は午前中にご連絡を頂きトラックのスペアタイヤ交換に行って来ました。

ご依頼を頂いたトラックは大手引越業者様で、新築の引っ越し現場の未舗装道路で釘を踏んでしまいパンクしてしまったとの事で修理に出動しました。

トラックのパンク修理

パンクしたまま移動してしまったため、固いはずのトラックのタイヤのビードが落ちてしまいホイールと分離してしまっています。

今回はタイヤの状況から修理ではなくスペアタイヤ交換にて対応させて頂きました。

トラックのスペアタイヤ交換

今回は未舗装道路での作業のためジャッキを置く地面が不安定なので慎重に作業を進めました。

また、3トン車になるとタイヤを止めているナットは41ミリと大型のトラックと同等サイズとなり、締め付けてあるトルクもハンパなく結構な肉体労働となります。

とりあえず締めてあるネジが少しでも動いてくれれば、あとはエアーインパクトで回せるので最初だけ人力で回しています(^^♪

今回は約40分の作業でタイヤ交換が終わりました。

それにしても、引っ越しの作業に来ていたスタッフさんはみんなプチマッチョで、頑張って仕事しているな~と感心してしまいました。

当店ではトラックのタイヤパンク修理(外面応急修理)とスペアタイヤ交換を行っております。

会社でも外出先でもトラックのパンクで困ったときは一度ご相談ください。