行田市で出張パンク修理

おはようございます。
AT-1群馬ロードサービスの近藤です。

昨日は夕方から埼玉県行田市に出張パンク修理に行ってきました。

ご依頼いただいた車はホンダフリードスパイクで、お客様のご自宅近くでカーブミラーの縁石に引っ掛けてしまったとの事で左フロントタイヤの側面を破損してしまい空気が抜けていました。

フリードスパイクは標準でスペアタイヤの搭載がなく、ほとんど意味のないパンク修理キットなるものが載っています。

今回のケースではタイヤ側面が裂けてしまったので修理キットは出番がなく、タイヤ交換が必要です。

ただ、昨日は当店のミスで持参していったタイヤがフリードスパイクに装着することができず、お客様が近くのカー用品店でタイヤを買ったと教えてくれたので、パンクしたタイヤを持ってカー用品店でタイヤを交換してもらいそのタイヤを装着させていただきました。

ホンダはフリードとフリードスパイクではホイールを固定するネジの数が5穴と4穴で違い、フリードスパイクは4穴だったのですが、フリードの5穴の情報でタイヤを用意してしまいました・・・

さすがに今回は反省です。

これからは出動前にお客様のタイヤの情報をもっとしっかり調べていかないと駄目だなと痛感しました。